趣味

『ハゲタカのえじき(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『ハゲタカのえじき』ってどんなゲーム?

ゲームの基本情報

タイトル ハゲタカのえじき
(Vulture Culture)
ゲーム
デザイナー
Alex Randolph
イラスト
レーター
Marek Blaha
BGAの
実装日
2021年 3月 5日
メーカー Amigo
発売日 1988年
プレイ人数 2 – 5
プレイ時間 4 min
複雑さ 1
戦略 2
4
やり取り 4

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより
※『ハゲタカのえじき』は現在(2021年5月5日)BGAではβ版での提供です。
プレイ中に不具合がある可能性があるのでご注意ください。




『ハゲタカのえじき』の魅力

ボードゲーム初心者におすすめ

各プレイヤーが使用するのは数字の書いた15枚の『数字カード』のみで、1枚出して勝負を挑む簡単なもので、初心者でも気軽に楽しめるのがこのゲームの良いところです!

ゲームの特徴であるバッティング要素も『ぐるナイ』の『かぶっちゃやーよ』みたいなルールって言えば、簡単にルールの連想も出来るので教える側も気軽に勧めれるボードゲームでもあります!

手軽な心理戦が楽しめる

ルールはシンプルなものでありながら、『次が相手が何を出してくるのか?』と相手の思考を考えながらカードを出していくのが面白いゲームです!

上手く相手の裏をかいてカードが獲得できた時は、スカッとするような気持ち良い気分になれます!

1ゲーム当たりの時間も短いのも良く、ボードゲームをやる時の慣らしにもおススメなボードゲームになります。

バッティング要素で盛り上がれる

このボードゲームの特徴である『バッティング』の要素。

相手と被ってしまった時は思わず『あっまじかー!』『嘘やろ!?』など、声を出してしまったりして、ワイワイ楽しめるのが良いところです!

数分で終わるので、気軽に『もう1戦!』って、言えるところも良いので、是非遊んでみて下さい!

『ハゲタカのえじき』の遊び方

ゲームの目的

場にある『ミーアキャット』を獲得し、高得点を目指すこと!

相手と数字が被らないように手札を出し、場にある『ミーアキャット』を獲得し、相手よりも高得点を出すことが、このゲームの目的となります。

ゲームの準備(BGAでは自動)

『ハゲタカのえじき』の内容物

『全体の場』の準備

『-5~10」の数字が書かれている『得点カード』をシャッフルして山札を作り、各プレイヤーに『1~15』の『数字カード』の手札を配ってゲームスタートです!

ボードゲームアリーナのゲーム画面

ゲームの流れ

ゲームの流れは下記の順番で行われていきます!

❶ 山札から『得点カード』を1枚公開する。
❷ 手札から『数字カード』を1枚裏側で出す。
❸ 一斉に公開し、『大きい数字(※)』を出した人がカードを獲得する。
(※『得点カード』がマイナスの場合は『小さい数字』)

❶ 山札から『得点カード』を1枚公開する。

山札から『得点カード』を1枚を公開します。
このカードを獲得すると『得点カード』に書かれている数字が得点として加わります。

手札の『数字カード』を使用して、この得点カードを競り合っていきます。

❷ 手札から『数字カード』を1枚裏側で出す。

手札から『数字カード』を1枚選んで、裏側にカードを場に出しましょう。
他プレイヤーが全員カードを出し終えたら、一斉にカードがオープンされます。

全員カードを選び終えるまでは、カードの変更が可能です。

❸ 一斉に公開し、『大きい数字』を出した人がカードを獲得する。

各プレイヤーが出した『数字カード』で一番大きい数字を出したプレイヤーが公開されている『得点カード』を獲得することができます。

『数字カード』は、手札には戻らず『捨て札』となります。

※公開されている『得点カード』の数値がマイナスの場合は『小さい数字』を出したプレイヤーが獲得します。

【『大きい数字』を複数人が出していた場合】

他プレイヤーと数字が被った場合、『得点カード』の獲得権利が無くなります。

一番大きい『数字カード』を複数人が出していた場合、次に大きい『数字カード』を出しているプレイヤーが『得点カード』を獲得します。

マイナスの場合も同様で『小さい数字』が被った時は、次に小さい数字を出しているプレイヤーが『得点カード』を獲得します。

全員数字が被ってしまった場合、次のターンの『得点カード』に今回の得点カードを含めて取り合います。

ゲームの終了・勝利条件

手札が全て無くなればゲーム終了。
取得したカードの合計が最も大きいプレイヤーが勝利です。

相手とカードが被ってしまったら『得点カード』が獲得できなくなるので、
出来る限り相手とカードが被らないようにしつつ、高得点カードを狙っていきましょう!




『ハゲタカのえじき』の変更可能ルール

ルールは部屋を立てた時の左側にある『ゲーム構成』から、ルールを変更して遊ぶことが出来ます!(2021年5月6日時点)

 

『ハゲタカのえじき』では、『タイブレーク時のルール』『捨て札の山』の2種類のルールを変更できます。

タイブレーク時のルール

『タイブレーク時のルール』は、『基本のルール』『ミーアキャットカード』の2つを選択でき、同率1位になったときの勝者の決め方を変更することができます。

『基本のルール』の場合は、同率1位になった場合は勝利権限が無くなって次に得点が高い人が勝利となります。『ミーアキャットカード』の場合は、高得点の『得点カード』を持っている人が勝利となります。

好みのルールでプレイしてみて下さい!

捨て札の山

『捨て札の山』は、『すべて見える』『最後のカード』の2つを選択でき、他プレイヤーの捨て札が見れるかどうかのルールを変更することができます。

名前の通り、『すべて見える』は全ての捨て札を確認でき、『最後のカード』は直前のカードのみ確認することができます。

難易度を上げたい場合は『最後のカード』で設定してみて下さい。

最後に

今回は『ハゲタカのえじき』というボードゲームをご紹介しました。
気軽に楽しむことが出来、複数人で盛り上がれるゲームです。

初心者におススメのボードゲームになるので、是非遊んでみて下さい!

ここまでご覧頂きありがとうございました!
また次回もよろしくお願いします!(*’▽’)ノ




ABOUT ME
lecu1012
Web系フリーランスエンジニア