趣味

『トレック12(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

トレック12』ってどんなゲーム?

ゲームの基本情報

タイトル トレック12(Trek 12)
ゲーム
デザイナー
Bruno Cathala, Corentin Lebrat
イラスト
レーター
Jonathan Aucomte, Olivier Derouetteau
BGAの
実装日
2021年 6月23日
メーカー Lumberjacks Studio
発売日 2020年
プレイ人数 1 – 8
プレイ時間 6 min
複雑さ 0 [jinstar0.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
戦略 3
3
やり取り 0 [jinstar0.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより




『トレック12』の魅力

初心者でも簡単にプレイできる

ダイスを振って、選択した記入方法で書き込んでいくというルールがとてもシンプルなので、初心者でも簡単に遊べることができます。

また、初心者がいる場合は特殊ルールのない登山ボードを選ぶことにより、段階的にルールを覚えていくこともできます。

1ゲームの時間も短いので、是非気軽に遊んでみてください!

少人数でも大人数でも楽しめるゲーム

このゲームは1〜8人で遊べるゲームで、少人数でも大人数でも楽しむことができます。

同じダイスを見ながら、全員が同時にプレイをするので人数が増えたとしてもプレイ時間の変動がないのもこのゲームの魅力だったりするかと思います。

ただ、上手く数字を当てはめて行って高得点を目指すという感じなので、それぞれが個々でゲームを行うようなゲームになるので、ボードゲームをする際の頭の体操みたいな感じで行うのにおすすめです!

『登山ボード』の種類が豊富

このゲームの魅力としては、なんと言っても『登山ボード』の種類が全部で8種類と豊富で何度も楽しむことができます。

特殊ルールが追加されて、難易度を上がっている『エクストラ』ボードもあるので、プレイヤーのレベルに合わせたボードを選択してみてください。

デザインも良いので、色々遊んでみてください!

『トレック12』の遊び方

ゲームの目的

『トレック12』は、複数の登山ボードに数字を書き込んで高得点を狙うこと

このゲームでは、全プレイヤーが同じダイスを見ながら数字を書き込んでいき、色んな難易度の山を攻略していくゲームになります。

全員が同じ条件なので、上手く数字を書き込んでいき、相手よりも高得点を狙っていきましょう!

ゲームの準備(BGAでは自動)

『トレック12』の準備物

ゲームの準備

各プレイヤーに『登山ボード』を配り、全体が見える箇所に赤色と黄色のダイスを1個ずつ振ってゲームスタートになります。

『ボードゲームアリーナ』のゲーム画面は下記にようになっております。

ゲームの流れ

各プレイヤーに『登山ボード』が配られます。

❶ 『ダイス』を2個振る(赤・黄)
❷ 『記入方法』を選択し、『登山ボード』にダイスの出目を記入する
❸ 『固定ロープ』と『エリア』を記入する

❶ 『ダイス』を2個振る(赤・黄)

ターン開始時に、黄色のダイス(出目が0-5)と赤のダイス(出目が1-6)を1個ずつ振ります。

プレイヤー全員、同じダイスの目を見ながら❷の選択を行っていきます。

❷ 『記入方法』を選択し、『登山ボード』にダイスの出目を記入する

5つの記入方法から1つを選択し、『登山ボード』に数字を書き込んでいきます。

  • ↓:2つのサイコロの小さい方
  • ↑:2つのサイコロの大きい方
  • -:2つのサイコロの大きい方から小さい方を引いた値
    (等しい場合はゼロ)
  • +:2つのサイコロの合計
  • ×:2つのサイコロの掛け算

各記入方法は、1度のゲームで最大4回までしか選択できません。
記入方法を選択するたび、『登山ボード』のチェック欄に『×印』が書き込まれます。

初回は『登山ボード』の好きなマスに数字を書き込むことができますが、2回目以降は記載した数字に隣接する形で記入しなければいけません。

  • 通常のマスには、最大12までの数字が記入可能
  • 太枠のマスには、最大6までの数字が記入可能

※ ボードによって、太枠マスが無い場合もあります。
※ 上限を超える数字を書き込む場合は、数字の代わりにペナルティマーク(顔文字)を記入します。

❸ 『固定ロープ』と『エリア』を記入する

記入した数字が条件に一致する場合、『固定ロープ』と『エリア』を作成します。
1つのマスでも『固定ロープ』と『エリア』の両方作成することも可能です。

【固定ロープ(連続する数字)】

連続する数字が隣同士になる場合、マス同士を線を引き『固定ロープ』を繋げます。

  • 連続する数字は必ず一方通行で繋げて行きます。
    (例:〇:[1-2-3-4-5]、×:[1-2-3-2-1])
  • 複数のマスに『固定ロープ』が作成できる場合、繋げるマスを選択します。
【エリア(同じ数字)】

同じ数字が隣同士になる場合、『エリア』を作成します。

  • 『エリア』のマスは背景色が塗分けられます。
  • 『エリア』同士が隣接した場合、1つの大きな『エリア』に統合されます。

ゲームの終了・勝利条件

数字の書き込みを繰り返し、全てのマスが埋まったらゲーム終了

それぞれのボードごとに得点計算を行い、最も得点が高いプレイヤーが勝利します。

得点の計算

『固定ロープ』『エリア』『最長記録ボーナス(固定ロープ・エリア)』『ペナルティ』をそれぞれ得点計算を行っていきます。

各得点の計算方法
固定ロープ 固定ロープの最大の数字 + 固定ロープで固定されたマス数 -1』の得点を獲得できます。
エリア 使用した数字 + エリアのマス数 -1』の得点を獲得できます。
最長記録ボーナス
(固定ロープ・エリア)
固定ロープ・エリアそれぞれ、繋がっているマス数が最も長い箇所より、マス数に合わせた『ボーナス点』を獲得できます。


ボーナス点はボードにある『得点表』に記入されています。

ペナルティ ボードに書かれたペナルティマークの数だけ、『マイナス3点』されます。

ペナルティマークの書かれる場所

・12より大きい数字を出したマス
(太線の場合、6より大きい数字)
・『固定ロープ』『エリア』に属さない孤立したマス

ゲーム終了時の例

『トレック12』の変更可能ルール

ルールは部屋を立てた時の左側にある『ゲーム構成』から、ルールを変更して遊ぶことが出来ます!(2021年7月3日時点)

 

『トレック12』では、『登山モード』『ゲームタイプ』『登山熟練者(ソロのみ)』『登山ボード選択』のルールが変更することができます。

登山モード

『登山モード』では、『高速登山』『遠征』の2種類を選択することができます。

高速登山

『高速登山』は、1つのボードで遊ぶモードで気軽に遊べるモードです。

遠征

『遠征』は3つのボードで遊び、3回の登山の中で高評価を目指していくモードです。この時、3つのボードはランダムで選ばれます。

ゲームタイプ

『ゲームタイプ』は『ノーマル』『ソロ』『チャレンジ』の3種類から選ぶことができます。

ノーマル

『ノーマル』は、通常ルールでプレイしていきます。

ソロ(1人プレイ用)

『熟練登山者』と競い合いながらプレイを行います。

チャレンジ

固定で決まっているダイスを使用して、ベストスコアを目指します。ダイスの目と順位は毎週変更されるので、何度でも楽しめます。

熟練登山者(『ソロ』を選択した場合のみ)

『熟練登山者』では、『マックス』『ラカム』『ランダム』の3種類を選択することができます。

マックス

『マックス』はプレイヤーの書き込んだ箇所と同じ箇所に『↑最大値』の数字を記入していきます。

ゲーム終了時にマックスの得点は、孤立したマスごとに+3点加算されます。

ラカム

『ラカム』はプレイヤーの書き込んだ箇所と同じ箇所に『赤いダイス』の数字を記入していきます。

ゲーム終了時にラカムの得点は、孤立したマスごとに+10点加算されます。

登山ボード選択

『登山ボード選択』では、全部で『8つのボード』または『ランダム』を選択できます。

  • ドゥナイ
  • カコット
  • ダウラギリ
  • ジャンパ
  • エクストラ:ステイホーム
  • エクストラ:バレンタイン
  • エクストラ:フィリトレック
  • エクストラ:クリスマス
  • ランダム

それぞれのボードのデザインは下記の通りになります。

ドゥナイ カコット
ダウラギリ ジャンパ

『エクストラ』の登山ボードに関しては、追加のルールがあるので、「『トレック12』の拡張キット(エクストラボード)」で解説していきます。

『トレック12』の拡張キット(エクストラボード)

『エクストラ』の登山ボードは追加ルールがあり、得点計算方法が変わってきます。

エクストラ:ステイホーム

『エキストラ:ステイホーム』では、特定のマスに『ソファ』『冷蔵庫』『机』『洗面台』『玄関』が割り当てられています。

 

特定のマスが条件が整った場合にボーナス点を獲得したり、ペナルティを受けるルールが追加され、12以上の数字を書き込んだ瞬間に『敗北』してしまいます。

 

普通のボードよりも難易度が上げたい場合に設定してみて下さい!

【『エクストラ:ステイホーム』で追加されるルール】
ソファでビール

『ソファ』と『冷蔵庫』のマスを『固定ロープ』で繋ぐことができれば、『固定ロープ』の得点分、ボーナス点を得る

仕事に戻ろう

『机』のマスを使って『エリア』を作成すると、『エリアに書かれた数値×エリアのマス数』のボーナス点を得る

接触 / 手を洗う

『玄関』のマスに書き込んだ数字分のペナルティを受ける(接触)。但し、『玄関』と『洗面所』を『固定ロープ』で繋げることが出来れば、『接触』のペナルティを受けない(手を洗う)。

体重増加

通常ルールでは、『孤立した数字』は-3点でしたが、ステイホームでは『孤立した数字』に書かれた数字分マイナスします。

前述しましたが、『12』より大きい数字を書き込んだ瞬間、敗北となるのでご注意ください!

エクストラ:バレンタイン(2人専用)

この登山ボードは2人の愛の強さとカップルの堅固さを試すためのボードです。

 

お互いのカードを見ずにプレイを行い、秘密裏にプレイしていきます。

 

薔薇・調和によるボーナス点を獲得しながら、100点に到達することを目指しましょう。

【『エクストラ:バレンタイン』で追加されるルール】
薔薇

薔薇の書いたマスに書き込んだ数字分、ボーナス点を獲得します。
薔薇マスが孤立していた場合、ボーナス点は獲得できません。

調和

お互い同じ場所に同じ数字を書いていた場合、1ヵ所あたり3点獲得します。
孤立していた場合、ボーナス点は獲得できません。

移り気

通常ルールでは、『孤立した数字』は-3点でしたが、バレンタインでは-10点のペナルティを受けます。

エクストラ:フィリトレック

通常のルールに合わせて、頂上にある旗マスにいち早くたどり着いたプレイヤーはボーナス点を獲得できるボードになります。

 

最初の書き込める場所なども決まっているので、どのように数字を記入していくのかに戦略性が加わるボードです。

 

難易度を少し上げてプレイしたい方は是非遊んでみて下さい。

【『エクストラ:フィリトレック』で追加されるルール】
スタートマス

最初の書き込みは最下段の2マスのどちらかから始めなければならない。

旗ボーナス

このボードには、上部に旗の書かれたマスが2つあります。

旗マスにいち早く数字を書き込んだプレイヤーは5点のボーナスを獲得します。
(同着の場合、両方にボーナス点が入ります。)

旗マスは『固定ロープ』や『エリア』で繋がれていなくてもOKです。

エクストラ:クリスマス

『エクストラ:クリスマス』では、クリスマスツリーに数字を書き込むことで飾り付けを完成させていきます。

 

下の段から数字を書き込んでいき、いち早く頂上の星にたどり着いたら10点のボーナスポイントを獲得できます。

 

飾り付けを綺麗に行いながら頂上を目指していきましょう。

【『エクストラ:クリスマス』で追加されるルール】
スタートマス

最初の書き込みは最下段にあるマスから始めなければならない

オーナメントボーナス

このボードでは、全部で4色のオーナメントが書かれているマスが存在します。

オーナメントを『固定ロープ』で繋げることでボーナス点を獲得することができ、1色増えるごとに『+1/+3/+6/+10点』と得点が上がっていきます。

飾り付けボーナス

オーナメント以外のマスで、『エリア』を作成することでエリアの得点が倍になります。どんどんツリーを色づけて行きましょう。

星ボーナス

いち早く一番上の星のマスを書き込んだプレイヤーは10点のボーナス点を獲得できます。(同着の場合、両方に得点が入ります)

孤立マスのペナルティ増加

通常ルールでは、『孤立した数字』は-3点でしたが、クリスマスでは-5点のペナルティを受けます。

最後に

ボードゲームアリーナで公開されているボードゲーム『トレック12』について、書かせて頂きました。

色んなパターンで遊べて、楽しめるボードゲームになります。

使用制限が決まっているところなどは『ヤッツィー』などに通じるところもあるかと思いますが、個人的には『トレック12』の方が好きですね!

気軽に遊べるゲームなので、是非遊んでみて下さい!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

ABOUT ME
lecu1012
Web系フリーランスエンジニア