趣味

『レインボー(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『レインボー(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『レインボー』ってどんなゲーム?

タイトルレインボー(Rainbow)
ゲームデザイナーMathias Spaan
イラストレーターYvonne Tauss
BGAの実装日2022年 4月19日
メーカーPiatnik
発売日2021
プレイ人数2
プレイ時間11 min
複雑さ1
戦略3
2
やり取り4

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより

『レインボー』の魅力

ルールが簡単で手軽に遊べる

『レインボー』は基本的には、『3枚の手札を出す』『場のカードを裏返す』の操作だけなので、初心者でも簡単に遊ぶことが出来ます。

難しいルールはないので、気軽に楽しみたい方は是非遊んでみて下さい。

同色を出さないかのドキドキ感を味わえる

『レインボー』は、手札を出した方が得点になる可能性があっても、必ず場のカードを裏返さなくてはいけません。

この裏返しをするときに緊張感があり、ドキドキした感覚を味わえることができます。
是非遊んでみて下さい。

『レインボー』の準備

ゲームの内容物

ゲームの準備

9色のカードを使った2人用のゲームです。カードの裏には別の色が書かれています。 プレイヤーは順番に共有スペースにカードをプレイします。

『レインボー』の遊び方

ゲームの目的

レインボーを完成させたり、相手にエラーやシャドウを起こさせることで、場にあるカラーカードを獲得して、相手より多くのカードを獲得することが目的です。

ゲームの流れ

このゲームでは、交互に下記の手番を行っていきます。

手札のカードを1枚~3枚のカードを場に出す

※場に出す場合、表のまま出すか、裏返して出すかを選択できます
※2枚目以降のカードを出す場合は既に場に出ているカードを1枚裏返さないといけない
※カードを出した後・場のカードを裏返した後なら、いつでもパスすることができます

カードを場に出した時、レインボー(異なる6色のカードを場に出した場合)エラー(同色のカードを場に出した場合)シャドウ(黒色カードを場に出した場合)になった場合、下記の得点処理を行い、次のプレイヤーから手番を開始します。

手番を終了したプレイヤーは、手札を3枚になるように山札から補充していきます。

〇:異なる6色のカードを場に出した場合
【レインボー:異なる6色のカードを場に出した場合】

異なる6色のカードで虹を完成させた場合、場に出ているカードを全て獲得できます。

×:同色のカード または 黒色カード を場に出した場合
【エラー:同色のカードを場に出した場合】

同色のカードを場に出してしまった(または 裏返して出してしまった)場合、相手が場にあるカードを全て獲得します。

※「白色」で同色になった場合、エラーにはなりません

【シャドウ:黒色カードを場に出した場合】

黒色カードを場に出した場合、相手が場にあるカードを全て獲得します。

ゲーム終了

山札がなくなりプレイヤーが手札を補充できなくなった場合、ゲームは終了します。
最も多くのカードを獲得したプレイヤーが勝ちます。

『レインボー』の変更可能ルール

『レインボー』では、変更できるルールはありません。(2022年5月7日時点)

最後に

今回はBGAで遊べる『レインボー』について紹介させて頂きました。

『レインボー』は、2人で遊べるゲームでルールもシンプルで気軽に遊べるゲームになっています。

2人用ゲームは、戦略要素が高いゲームが多かったり、本格的な戦略ゲームが多いですが、レインボーはその中でも簡単に遊べる内容になるかと思うので、是非遊んでみて下さい。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。

ABOUT ME
lecu1012
Web系フリーランスエンジニア