趣味

『キャントストップ(BGA)』の遊び方・魅力をご紹介!

『キャントストップ』ってどんなゲーム?

ゲームの基本情報

タイトル キャントストップ(Can’t Stop)
ゲーム
デザイナー
Sid Sackson
イラスト
レーター
Asmodée
BGAの
実装日
2011年 1月 5日
メーカー Franjos Spieleverlag
発売日 1980年
プレイ人数 2 – 4
プレイ時間 7 min
複雑さ 2
戦略 3
4
やり取り

※画像・基本情報はボードゲームアリーナ公式HPより




『キャントストップ』の魅力

ルールはシンプルなので、覚えれば簡単に遊べる

ボードゲームに使われるものは、『ボード』と『サイコロ』と『コマ』だけになるので、使うものもシンプルですし、ルールも一度覚えれば簡単に遊ぶことが出来ます。

実際にボードゲームをやると、サイコロの組み合わせの確認が大変になりますが、ボードゲームアリーナでやると、計算は自動でやってくれるのでありがたいですね。

初心者交えても遊びやすいボードゲームなので、遊んでみて下さい。

いつ失敗するかのハラハラ感を楽しめる

このボードゲームは他のボードゲームにはない、ハラハラ感を楽しむことが出来ます。

サイコロを振るのを終わるタイミングは自分で決めることができるので、何度かサイコロを振ってコマを進めた後は、失敗したらこれまで進んだ分が全て無くなるというハラハラした気分になります。

『あともう一回ぐらいなら大丈夫かな?』と思って、サイコロを振ったら失敗してしまって思わず『マジかー!』って声を上げてしまって笑い合えるところも魅力の一つですね!

古くから遊ばれている昔ながらのゲーム

キャントストップは発売日を見て頂くと『1980年』に発売されています。

40年以上、多くの人から愛されるゲームで、今でもボードゲームアリーナでも『人気のゲーム』として上がってきているのは本当に凄いですよね。

今遊んでみても他のゲームと比べても全然負けないぐらい楽しく遊べるゲームになるので、是非遊んでみて下さい。

『キャントストップ』の遊び方

ゲームの目的

相手よりも早く、山の『頂上』にたどり着くこと

このゲームは『登山』をイメージしているゲームで、相手よりもいち早く『頂上』にたどり着くことを目指していくゲームとなります。

ゲームの準備(BGAでは自動)

『キャントストップ』の準備物

ゲームの準備(全体の場の準備)

ボードゲームの準備は簡単で、全体の場に『ボード』を配置し、『サイコロ(4個)』と『黒いコマ(3個)』を用意し、スタートプレイヤーを決めていきます。

『ボードゲームアリーナ』では、スタートプレイヤーがランダムで決まり、スタートプレイヤーのサイコロが振られた状態から始まります。

『ボードゲームアリーナ』のゲーム画面は下記にようになっております。

ゲームの流れ

このゲームはスタートプレイヤーから時計回りに手番を回します。
各プレイヤーは自分の手番で下記の行動を行っていきます。

『サイコロ』を振り、3つの『組み合わせ』を作る

【選択できる『組み合わせ』がない場合】
➡『黒いコマ』を全て取り除いて、相手のターンへ

【選択できる『組み合わせ』がある場合】
➡『組み合わせ』を1つ選択し、『黒いコマ』を進める
➡『ストップ』また
は『続ける』を選択する

『サイコロ』を振り、3つの『組み合わせ』を作る

4個の『サイコロ』を振り、3つの『組み合わせ』を作っていきます。

『組み合わせ』の作り方は4個の『サイコロ』を使用して、2×2の組み合わせを作ると3通りの組み合わせを作っていきます。

2個ずつできた『サイコロ』を足し合わせた2つの数字が選択できる数字となります。

【画像の例】
サイコロで『❸❺❺❹』が出た場合

 

組み合わせ①:❸❺、❺❹=『8』と『9』
組み合わせ②:❹❺、❸❺=『9』と『8』
組み合わせ③:❺❺、❹❸=『10』と『7』

これらのサイコロの『組み合わせ』を選択して、『黒いコマを置く』または『黒いコマを進める』ことを行っていきましょう。


【選択できる『組み合わせ』がない場合】

『黒いコマ』は3つしかないため、1ターンの間に進行できる列は3つまでになります。

黒いコマを全て場に出している状態で、黒いコマを進めている数字の『組み合わせ』が無い場合、『黒いコマ』を全て取り除いて相手のターンへ移ります。
(取り除くのは、『黒いコマ』のみです)


【選択できる『組み合わせ』がある場合】

『組み合わせ』を1つ選択し、『黒いコマ』を進める

サイコロの組み合わせを1つ選択して、『黒いコマを置く』または『黒いコマを進める』ことを行っていきます。

数字の列に『黒いコマ』が配置されていない場合は『黒いコマ』を置き、既に置かれている場合はコマを1マス進めます。(組み合わせの2つの数字が同じ場合は2マス進めます)

2つの数字の内1つしか進めれない場合、該当する数字の『黒いコマ』を進めましょう!

『ストップ』または『続ける』を選択する

『黒いコマ』を進めた後は、『ストップ』または『続ける』を選択していきます。

『続ける』を押した場合は『黒いコマ』はそのままにして、再度❶のサイコロ振って組み合わせを作るところから繰り返していきます。

『ストップ』を押した場合は『黒いコマ』のある場所に『プレイヤーコマ』を置いて、自分の手番を終了します。

次の自分の手番が回ってきた時は『プレイヤーコマ』を置いている場所から黒いコマをスタートさせていきます。

『プレイヤーコマ』を頂上(列の一番上)に置いた場合は、その列はたどり着いたプレイヤーの独占状態となります。

他のプレイヤーのコマは取り除いて、そこに『黒いコマ』も配置することが出来なくなります。

ゲームの終了・勝利条件

下記の条件になった時にゲーム終了となります。

プレイヤーの誰かが、3ヵ所の列の頂上にたどり着いたとき

頂上に3ヵ所たどり着いたプレイヤーが勝利となります。

『7』の数字は出やすいため道のりが長くなっており、逆に出る確率が少ない『2』『12』は道のりが短くなっています。

どの道を選ぶかを考えつつ、時にはリスクを背負いながら頂上にいち早くたどり着くことを目指していきましょう!

勝利条件達成時の例

『キャントストップ』の変更可能ルール

『キャントストップ』の変更可能ルールはありません。

『キャントストップ』のデザイン変更

ゲーム画面下の『オプション』からボードのデザインを変更できます。

 

2021年5月18日現在、『通常のボード』『アスモディー版のボード』『フランヨスシュピーレ出版の旧版ボード』の3種類を選ぶことが可能です。

 

好きなデザインで遊んでみて下さい!

アスモディー版
ボード
フランヨスシュピーレ出版
旧版ボード

最後に

ボードゲームアリーナで公開されているボードゲーム『キャントストップ』について、今回は書かせて頂きました。

ルール自体は簡単でやればすぐに理解できるゲームなのですが、ゲームのルール説明をしようとするとなかなか上手く説明するのが難しいゲームです。

個人的には『チキンレース』をやっている感覚で好きなゲームなので、皆さん是非楽しんでみて下さい!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

ABOUT ME
lecu1012
Web系フリーランスエンジニア