趣味

『2人用で出来る』おすすめボードゲーム10選!

最初に

これまで、『心理戦』や『言葉遊び』などのボードゲームを紹介していきました!

こういった最近のボードゲームって複数人で楽しむボードゲームで、そもそも『人数を集めるのにハードルが高い!』って感じる方もいるかと思います!

実は最近のボードゲームって二人でも楽しめるボードゲームって結構あるんですよね!

2人で勝敗を競い合う『対戦型』と協力し合ってゴールを目指す『協力型』の2つに分けて5選ずつ紹介していこうかと思います!ちなみに、『二人専用のボードゲーム』と『二人でも遊べるボードゲーム』は混ぜて紹介していきますね!

これを覚えれば二人でも『ボードゲームカフェに行って見よう!』って選択肢が増えること間違いなしです(*’▽’)ノ

では、早速『2人で出来る』ボードゲームをご紹介していきます!(*’▽’)ノ

『2人で出来る』対戦型ボードゲーム5選

バトルライン

  • プレイ人数:2人
  • プレイ時間:30分程度
  • 対象年齢:12歳以上

『陣取りゲーム』と『ポーカー』を合わせたようなゲームで、場にある10個のフラッグを相手と取りあう対戦型ゲーム!

数字の書いたカードをフラッグの前に順に置いていきます。
お互いフラッグの前に3枚カードを置いた時に役の強い方がフラッグを取得!

役自体は『ポーカー』に似た感じなので、すぐに覚えれるかと思います!

手札による運要素もありますが、狙うフラッグは自由なので『どのフラッグから順に狙っていくのか?』を戦略的に考えながらプレイしていくようなゲームです!

手札を引きながら戦略を考えていくところは麻雀に近いところもありますね!

やってみると面白くて、色々戦略を考える中で集中力を発揮して『気が付けばこんな時間!?』みたいなことが何度かありました。笑

是非、皆さんもやってみて下さい(*’▽’)ノ

コリドール

  • プレイ人数:2人~4人
  • プレイ時間:15分~25分程度
  • 対象年齢:6歳以上

手持ちの壁使って相手の行く手を阻みながら、ゴールを目指すゲーム!

お互いできる行動は『コマを移動させる』または『壁を配置する』。
お互いの手持ちの壁の数は決まっているので、運要素がゼロのボードゲームですね!

企画でプロ棋士が対戦している動画などもありますし、将棋のような戦略戦を気楽に楽しめるようなボードゲームになるので、是非楽しんでみて下さい!

ただ相手をいかに邪魔をするゲームになるので、場合によってはケンカになって気まずい雰囲気になることもあるので、仲の良い方とプレイすることをお勧めします!

ブロックス:デュオ

  • プレイ人数:2人
  • プレイ時間:15分程度
  • 対象年齢:7歳以上

4人対戦用ボードゲーム『ブロックス』が二人用にリメイクされたのが、『ブロックス:デュオ』です!

ブロックの角だけを繋げるように置いていき、相手よりも多くのブロックを置けた方が勝利というシンプルなゲームです!

相手を邪魔するように動くか、自分の陣地を確保するように動くか。
シンプルながら案外奥の深いゲームですね!

感覚でプレイ出来るので子供と一緒に遊ぶのにもおススメなゲームです!

良かったら試してみて下さい(*’▽’)ノ

カルカソンヌ

  • プレイ人数:2人~5人
  • プレイ時間:30分~45分程度
  • 対象年齢:8歳以上

ドイツゲームの2大賞(ドイツ年間ゲーム大賞大賞、ドイツゲーム大賞1位)を受賞しているボードゲーム『カルカソンヌ』!

コアなファンも多いボードゲームで2人プレイは世界大会も開催されているゲームです!
世界大会に参戦するには日本選手権が開催されているので、そちらをご確認してみると良いかと思います!

道や街を繋いでいき得点を稼いでいくゲームで、何のパネルが来るかわからないところは麻雀のような楽しみ方もあるゲームかと思います!

是非、楽しんでみて下さい(*’▽’)ノ

世界の七不思議:デュエル

  • プレイ人数:2人
  • プレイ時間:30分程度
  • 対象年齢:10歳以上

最大7人まで遊べるボードゲーム『世界の七不思議』のスピンオフ作品で2人用にプレイできるように作られた作品です!

『世界の七不思議』といえば、『ドイツゲーム賞』『ドイツ年間ゲーム大賞』『アラカルトカードゲーム賞』において1位の三冠達成している世界が認める名作!

お互い共通の場にある資源を確保しながら文明を発展させていき、複数ある勝利条件を目指すといったボードゲームになります!

勝利条件やルールを覚えるのは少し時間がかかるかと思いますが、やる動作としては場からカードを選ぶというシンプルな動作になるので、一度覚えれば気軽に出来るかと思います!

特に相手との駆け引きを楽しめるゲームなので、是非楽しんでみて下さい(*’▽’)ノ

『2人で出来る』協力型ボードゲーム5選

花火(Hanabi)

  • プレイ人数:2人~5人
  • プレイ時間:25分程度
  • 対象年齢:8歳以上

自分の手札ではなく、相手の手札を見ながらヒントを与えて花火を打ち上げていくゲーム!
協力ゲームで唯一『ゲーム大賞』を受賞しているボードゲームです!

花火はそれぞれの色の花火を1~5まで順に出していくことで花火を打ち上げることができます!相手が行動しやすいようにヒントを与えて行ったり、時には分からない手札を捨てて、ヒントチップを手に入れる。

自分の意図を相手に汲み取って貰えるように行動することが鍵になります!
相手との『阿吽の呼吸』が出来ていればクリアできるので、是非相手との息がぴったりかどうか、試してみて下さい!(*’▽’)ノ

コードネーム:デュエット

  • プレイ人数:2人
  • プレイ時間:15分~30分程度
  • 対象年齢:10歳以上

ドイツ年間ゲーム大賞で2016年に大賞を受賞した『コードネーム』が二人用の協力ゲームになってリメイクされたのがこの作品!

場に並んでいる単語の共通点のヒントを出し相手に当ててもらう。ヒントを出せる回数は9回という制限の中で15枚の正解カードを引き当てることが出来ればゲームクリア!

丁度良いゲームバランスで、場に出ているカードは毎回変わるので、何度でも楽しめちゃうゲームになっています!言葉選びのセンスが大事になってくるゲームで、是非遊んでみて下さい(*’▽’)ノ

ito

  • プレイ人数:2人~10人
  • プレイ時間:30分程度
  • 対象年齢:8歳以上

ルールは簡単でお互いで協力して低い数字から順にカードを出していくゲーム!
手札に持っている数字を言うことは禁止されており、『テーマ』に沿った言葉で自分の持っている数字を伝えていきます!

『キャラクターの人気』がテーマの場合、数字が高いカードを持っている場合は「『ミッキーマウス』を持ってる」と言った感じです!

お互いの価値観が知れるゲームになるので、色んなテーマでプレイすると意外な一面を知れるかもしれないですよ!

是非試してみて下さい(*’▽’)ノ

スライドクエスト

  • プレイ人数:1人~4人
  • プレイ時間:15分~45分程度
  • 対象年齢:7歳以上

4つのレバーを持ち合って、協力しながら勇者をスライドさせていくボードゲーム!

途中で穴に落ちたり、ダイナマイトを倒したりするとライフが減ってしまうので、繊細な操作が必要になり、声を掛け合いながらプレイをしていきます!

ステージは全部で20面あって結構ボリュームがあるので、案外長いこと楽しむことが出来ますよ!物理アクション系のボードゲームなので、分かりやすくて大人でも子供でも楽しめるボードゲームなので、声を掛け合いながら持ち上がってみて下さい(*’▽’)ノ

ゾンビキッズ:進化の封印

  • プレイ人数:2人~4人
  • プレイ時間:15分程度
  • 対象年齢:7歳以上

ゾンビから学校を守るために4人の少年少女が立ち向かっていく!ランダムに出現するゾンビを倒しつつ、4ヵ所の門を施錠することを目的に行動していくといったボードゲームです!

ゾンビが増えすぎるとゲームオーバーになってしまうので、お互いに協力しながらゲームクリアを目指していってください!

このゲームの面白いところは『進化の封筒』の存在!
ゲームが終わったときに進行チャートにシールを貼っていき、プライ回数によって『進化の封筒』を開封していきます!

開封するたびにルールが進化したり、キャラクターが進化していきます!
飽きさせない工夫がされている面白いゲームなので、頑張ってゾンビ退治を目指してみて下さい(*’▽’)ノ

最後に

『対戦型』『協力型』それぞれ5つずつ紹介していきました!
始めてみるボードゲームも多かったのではないでしょうか?

基本的には『協力型』よりも『対戦型』の方が量は多いですが、ちょっと遊びの中に変化を入れたい方は是非『協力型』のボードゲームも手に取ってみて下さい!

いつもと違った楽しみ方が出来るかと思いますよ!

それでは今回はここまでにしようかと思います!
ここまで見て頂きありがとうございました!

また次回も良ければご覧になってください(*’▽’)ノ

ABOUT ME
lecu1012
Web系フリーランスエンジニア